名古屋高島屋バレンタインフェア、開幕。今日、私は「チョコ」に恋をする!

とうとう今年も名古屋高島屋で、バレンタインの祭典「アムール・デュ・ショコラ 2017」が始まりました。期間は、1月20日(金)~2月14日(火)の26日間。

 

今日、私は「チョコ」に恋します。


スポンサーリンク

 

sakuraは今年で4回目ですが、毎年この日が来るのを指折り数えて待っています。

 

昨年は、仕事が忙しくてかなり遅めに行ったので、あの素敵な小冊子もなくなっていました。それで、今年は気合を入れて初日に参戦!

 

まずは、売り場の地図と小冊子を手に入れて、軽く下見をしてからお昼を食べに行きました。そこで、どのチョコを買うのか、どの売り場に行くかをチェック!そしてお目当ての所から順番に見て回っていきます。

 

 

今日だけは、頭の中は「チョコ」でいっぱいです。

 

そのバレンタインの祭典「アムール・デュ・ショコラ」の魅力について、熱く語っていきますね。(笑)

 

 

1)日本最大規模であること

今年で17回目を迎えるこのイベントですが、売り上げ・規模共に日本最大級のチョコレートイベントです。前回は70万人以上の人が訪れ、何と180万個以上ものチョコレートが購入されました。

 

このバレンタインだけの売り上げは16億にも及ぶそうです。

 

今年も“ショコラパティ―”をテーマに、世界13ヶ国、約150ブランド、2,000種類以上の商品が登場しています。こんなにもたくさんのチョコに出会えるのは、この時以外はあり得ないですよね。

 

2)普段食べれない、チョコレートに会えること

世界13ヶ国、約150ブランド、2,000種類以上の商品が登場するので、買う方も迷いに迷ってしまいます。

 

見た目で選ぶのか・・・

 

 

味で選ぶのか・・・

 

 

両方とも兼ね備えたチョコレートも数えきれないくらいあります。

 

 

この「銀のブぶどう」の「炎のチョコレート」は、昨年に引き続き今年も買いました。

 

 

今回、sakuraが選んだチョコレートはこの8種類(12個)です。今年、買えなかったものはまた来年の楽しみに取っておきます。

 

 

それまでに、またチョコレートの研究もしておかなきゃいけませんね。

 

3)ジェイアール名古屋タカシマヤ限定商品があること

ジェイアール名古屋タカシマヤ限定商品は、何と60種類以上もあるそうです。まあ「限定」と言う言葉に弱いのは、日本人ならではかもしれません。

 

普通なら考えられない、「パティシエ・ショコラティエの代表作」を詰め合わせた限定ボックスも売られています。ひと箱で6つのお店の代表作が食べれるなんて、幸せすぎますよね。

 

それ以外にも、そのお店と高島屋とのコラボ作品が目白押しです。

 

 

昨年の売り上げの25%は、この限定商品だったと言うから、人気のほどが伺えますよね。

 

 

4)あの有名な「パティシエ・ショコラティエ」に会えること

今回は、初日と言うことでテレビの取材も多く、「パティシエ・ショコラティエ」さんの姿もたくさん見かけました。

 

2014年から3年連続で、最高位を示す「Les incontournables」(欠かすことのできないショコラティエ)に輝いた、青木定治さんのチョコを買ってサインをもらいました。

 

 

そして、更に記念写真も・・・バレンタインの祭典だから味わえる幸せなひと時ですよね。

 

5)実際に作ってい様子を見ることが出来ること

普段、ケースに並んだチョコを見ることはよくありますが、作っている様子を見ることはあまりないと思います。

 

「こんなにかわいいチョコレートをどうやって作っているの?」・・・って不思議に思っていたことも目の当たりに見ると納得しちゃいます。

 

 

これだけ手間がかかっていたら、値段が高くなるのもうなずけますよね。味だけでなく、見た目を楽しめるのもこのバレンタインの時期ならではですよね。

 

 

6)会場で楽しむスイーツがあること

 

ちょっと疲れたら、甘いスイーツで一息つくことが出来ます。

 

いつも「京きなな」のスイーツを食べています。昨年は「きななパフェ」を食べたので、今年は2017年特別バージョンにして見ました。

 

 

そしてあまおうのミルクセーキも飲みました。

 

 

7)試食でいろんな味が楽しめること

試食もあちこちやってるので、いろんな味を楽しめます。試食して美味しくてつい買っちゃったっていうチョコレートもありました。

それがコレです。

 

 

小袋に入ったものが詰め合わせてあって、日持ちも良かったのでつい自分用にも買ってしまいました。

 


とにかく、人の多さだけでなく売り子さんの活気もすごくて、熱気に満ち溢れています。

 

毎日、「昨日の売り上げベスト20店舗」を掲示するのですから、どこのブースも負けてはいられないですよね。

 

年に一度のバレンタインの祭典、また1年後を楽しみに頑張ります。


スポンサーリンク