京都に来たら、一度は訪れたい「清水寺」の魅力とは?

 

やはり京都観光でどうしてもはずせないのが、「清水寺」ですよね。

 

清水の舞台から飛び降りる」ということわざがあるくらい、あの舞台の高さは圧巻です。

 


スポンサーリンク

 

小学校の修学旅行から数えると、片手では収まらないほど「清水寺」を訪れています。それでいて、また訪れたいと思わせるほど、清水寺にはたくさんの魅力があります。

 

京都駅からバス1本でアクセス可能

京都駅からのアクセスは、100番か206番の市バスで15~20分と言う距離にあります。そこから境内まではかなりの坂道を登っていきます。足が弱い方は近くまでタクシーで行った方がいいと思います。

 

景観が素晴らしいから

「清水寺」の玄関である、「仁王門」をくぐると、三重塔があります。どちらも朱塗りで堂々としたたたずまいをしています。

 

dsc02193

 

dsc02214

 

また清水寺の境内は、何と13万平方メートルもあるそうです。人って大きなもののそばにいると不思議と落ち着きますよね。

 

dsc02241

 

そして高いところから下を覗いていると、自分の悩みがとっても小さいもののように思えてきます。

 

dsc02215

 

昔の人も、この清水の舞台に立って、いろんなことを思い浮かべたんでしょうね。

 

「清水の舞台から飛び降りる」の語源となった本堂の舞台は上から見ても、下から見上げても圧巻です。

 

dsc02283

 

この「舞台」はちょうど4階建てのビルの高さにあたり、面積約190平方メートル、410枚以上のヒノキ板を敷き詰めた「桧舞台」です。たくさんの人の努力によって、作り上げることが出来たのでしょう。

 

「清水の舞台から飛び降りる」人はいたの?

実際に飛び降りた人は、150人から180人くらいいたとされています。そして生存率は、「85.4パーセント」だそうです。

 

当時は今以上に気が多く植えられていたのと地面が柔らかくてそれがクッションになったのではと言われているそうです。

 

今は「禁止令」が出ているので実際に飛び降りることは出来ませんが、「飛び降りたつもりで人生をやり直してみよう」っていう教訓を残していますよね。

 

音羽の滝で心を清めることが出来る

 

dsc02246

 

音羽の滝の三本の水は、それぞれを「延命長寿の水」、「恋愛成就の水」、「学問上達の水」と伝えられています。

 

自分が一番かなえたい願い事の水を飲むと言い伝えがあって、いつでも長蛇の列が出来ています。

 

願いがかなった人はどれくらいいるのでしょうね。水を飲むときに、ご利益を信じる気持ちが一番大切だそうです。

 

紅葉がキレイだから・・・

境内が広いだけに、どこをみても素敵な紅葉を見ることが出来ます。

 

dsc02236

 

dsc02196

 

素敵な写真もたくさん撮ることが出来ました。

 

ライトアップがあるから。

例年、春、夏、秋の3回、夜の特別拝観(ライトアップ)があります。

 

観音さまの慈悲の光に照らされて、とても幻想的な風景をかもしだすとか・・・次回は、是非ライトアップを見てみたいです。

 

「月の庭」の特別拝観

 

dsc02204

 

月の庭」が丁度特別公開されていたので、見てきました。廊下にひかれたじゅうたんの上に座っていると、とても心が落ち着いてきます。

 

地主神社のご利益参り

清水寺の境内の中にある「地主神社」(じしゅじんじゃ)。

 

dsc02264

 

祓戸大神・本殿・撫で大国・水かけ地蔵・おかげ明神・栗光稲荷社・良縁大国と7つのスポットがあり、それぞれで叶えられる悩みが違います。

 

dsc02267

 

dsc02269

 

あなたは、どのスポットで願いをかけますか?

 

車椅子の人に優しいお寺だから

 

清水寺は防災道路の入口から車で入ることが出来るだけでなく、参道の舗装やスロープが設置されています。

 

段差なく境内を一周することができるので、お年寄りで長い距離を歩くことができない人でも安心して参拝することが出来ます。

 

本堂入口には、車椅子境内参拝マップの配布もあり、身障者対応のトイレもいくつかあり、至れり尽くせりのお寺です。

 

「いもぼう平野屋本家」のランチ

 

清水寺から30分ほど歩いた、八坂神社のすぐそばに「いもぼう平野屋本家」はあります。ガイドブックでも大きく取り上げられているお店です。

 

dsc02313

 

「いもぼう」と言われる海老芋と、棒鱈のそれぞれの性質をうまく作用させた煮物です。大きな海老芋が煮崩れることなく仕上がり、棒鱈はものすごく柔らかくなります。

 

dsc02300

 

dsc02307

 

sakuraは、運よく当日予約できましたが、その日でも席がいっぱいでお断りしている声も聞こえてきました。平日でも予約でいっぱいになるので、利用する際には、事前に予約をしておいた方がいいと思います。

 

この「清水寺」だけでも、本当に見どころ満載です。コンビニよりもお寺の方が多い京都です。

 

何でも京都府には、3000以上のお寺があるそうです。それでも全国から見ると5番目だとか・・・・・とりあえず、ガイドブックに載っているお寺は制覇してみたいです。

 

 


スポンサーリンク