「7English」を25日間、実践してみた感想と今後のやるべき課題とは?

「1日たった20分でいいの?」って思っていましたが、意外と20分は長いです。

 

途中、いろいろあったのもあって、今、25日目を終わったところです。ここで、今まで実践してきた反省と今後の課題について考えてみました。

 


スポンサーリンク

 

英語をもう一度しっかりやり直そうと思って選んだ教材が、この「7English」でした。

(これを選んだ理由は、この記事にかいてあります。↓)
⇒2020の東京オリンピックまでに英語ペラペラになる!そのためにsakuraが「7English」を選んだ理由とは?

 

「1日20分ずつ2か月やれば英語がペラペラになる」の歌い文句に惹かれて始めたこの「7English」でしたが、やはりそう甘くはありませんでした。

 

まあ、考えてみたら今まで何年もかかってもペラペラにはならなかったのに、そう簡単に話せたら苦労はしないですよね。って思ってしまいがちですが、教材がどうのこうのよりも自分自身の気持ちを維持させていくことがいかに重要かと悩んでいる所です。

 

1)3日坊主も10回続ければ、30日クリア。

 

新しいことを始めることは楽しいことですが、続けていくとどうしても単調になったりして面白みに欠け、さぼりだしたりするようになります。

 

1日や2日さぼったくらい気にせずに、また続きを始めるくらいの柔軟さが必要だと思います。とにかく、何日かかっても最後までやり遂げる、そんな気持ちで頑張っていくのが一番だと思います。

 

2)教材の良し悪しについて考えるのはやめよう。

 

img_0234

続けれなくなってくると必ず思うのが、この教材は自分に合っていないのかもしれないって思うことです。

 

この教材が自分にとっていいのか悪いのか、今、考えても仕方ないですよね。って言うか、悪い教材なんてないはずですよね。勉強すればそれだけ知識が増えていくわけですから、損をすることはないはずです。

 

ただ、要領のよさとか使えるかどうかといった点で差は出てくるかもしれません。でも今の一番の課題は続けることなので、とりあえず最後までやってみることにします。

 

3)音が拾えうようになるまでは、テキストを見ながら聞こう。

 

img_0530

よく、毎日聞くだけで英語がペラペラになる・・・っていう決まり文句で宣伝している英語教材がありますが、この年になると聞くだけでは到底、無理だと思います。

 

まずは、テキストを見ながら音と単語を結び付けながら、昔習った単語を思い浮かべながらするのがいいと思います。聞くだけで、単語も思い浮かべれるようになったら、その時は聞くだけでも効果はある気がします。

 

最初は、横着はせずに、しっかりとテキストを見ながら何度も繰り返してやることが大切だと思います。そして聞き取れるようになった文から、テキストを見ずに聞くだけで答えると言うやり方に移行していくとスムーズに覚えていける気がします。

 

4)たまには、文章を書いてみよう

 

単語も書いてみないとスペルがあやふやになってしまいます。聞くことに飽きたら(?)たまには文章を口に出しながら書いてみるのも気分転換になっていい気がします。

 

書くことによって、更に記憶もしっかりしてきます。学習にメリハリをつける一つの方法として、たまには神に文章を書いてみましょう。

 

5)集中できる時間帯に練習しよう。

 

515282

今日のレッスンの練習とそれまでに習った復習でだいたい6~7分くらいかかります。なのでこれを3回繰り返せば、およそ20分になります。

 

その3回を続けてやるか、3回に分けてやるか、その時の集中力によって臨機応変にやることが大切だと思います。

 

集中していない状態で聞いても、ただ聞いただけで頭の中にはほとんど残っていません最低一通り終わるまでは、とにかく集中して聞くようにした方がいいと思います。

 

何事も習慣化するまでが一番大変です。この英語の文章を聞くことが、毎日の日課となるように頑張って行きたいです。

 

 

決まった助動詞や動詞を元に、言葉を入れ替えることによって会話を増やしていく方法は、とても有効なやり方だと思います。実際、日本語を話しているときも意識せずにそれを使って話しています。

 

英語でも意識せずに使えるようになった時に、始めてペラペラに話せるようになるのだと思います。

 

まだ、始めたばかりです。頑張って行きましょう。

 


スポンサーリンク